2016年

4月

14日

逆さまのピラミッド(スタッフ)

最近全然本を読んでないな〜と思い、
かねてからリストに挙げていた本を読み始めました。
そしたら第1章に、マズローが、例の
自己実現の欲求
  ↑
自己尊重への欲求
  ↑
社会的欲求
  ↑
安全への欲求
  ↑
生存の欲求
という自身の「欲求の5段階説」について、晩年
あのピラミッドは逆さまにするべきだった」
と後悔していた、という話が載っていました(!)。
「逆さまにしたら自己実現が最底辺に置かれ、
すべての人間の最も重要な欲求ということになる。」
これがとても心に残り、主人に話すと
人は食べるために生きてるわけじゃないからね」と。
どんな状況においても、夢を持ち、進化、成長し続けることを、
いつも心の底にしっかりと据えていたいし、
関わる人とその喜びを分かち合っていきたい、
と、改めて思います。

 

1 コメント

2015年

11月

12日

中島淳一さん独り芝居『沙漠の商人』(スタッフ)

当社の28年来のクライアントさんである、

小野康夫さんが企画された、

中島淳一さんの独り芝居『沙漠の商人』を、

11月6日、拝見してきました。


中島さんも、同じく SMIのクライアントさんであり、

当社のセミナーやパーティーにも

何度もお越しいただいています。


その頃から、絵も、独り芝居もなさっていました。

絵画の方は今年で45年、数々の賞を受賞されており、

独り芝居は35年、通算1,500回も上演されているそうです。


久しぶりに拝見する独り芝居、

ますます迫力が増されて、

素晴らしかったです。


お芝居が終わった後、

中島さんがスピーチされたのですが、

お芝居の内容と180度違って、

会場爆笑続き。

そのギャップに皆さんとまどいながらも(笑)、

皆さん大喜びでした。


私は小野さんから司会を頼まれており、

お話を舞台の袖で拝聴していたのですが、

ひょっとしたら笑い声が

前のお客様には聞こえていたかもしれません(汗)。


中島さん、小野さん、

そして足を運んでくださったクライアントの皆様、

ありがとうございました。



0 コメント

2015年

4月

11日

夢のリストをリニューアル(スタッフ)

新たな目標ができたので、
また新たな気持ちで
SMIのPSPプログラムの
「目標設定の力」を
スタートしました。

毎回思うのですが、

こんなこと、書いてたっけ?

年を経るにつれ、
あるいは
目標が変わる度、
そのときに必要な所が
響くんですよね!

今から、少し時間を取って、
真っさらな「夢のリスト」に
夢を書き込んでみます。

もちろん行動計画書には
夢のリストが入っていますが、
時々こうして、一から
書き直すのです。

春になりましたから、
皆さんも、
夢のリストを、
今のリストを見ずに
書き直してみませんか?





2015年

2月

17日

コンシェルジュ、阿部佳さん(スタッフ)

昨日の

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

ご覧になりましたか?

 

大好きなこの番組を

このところ時間が合わなくて

ずっと見逃していたのですが、

社長が「今日はコンシェルジュが出る」

と言うので、

久しぶりに視聴しました。

 

http://www.nhk.or.jp/professional/2015/0216/index.html

 

見て良かった!

 

グランドハイアット東京のコンシェルジュ、

阿部佳さんでした。

 

お客様と「向き合う」のではなく、

お客様と、同じ方向を見て、

何を望んでおられるのか、

言葉にならないものをイメージし、

ご提案していく。

 

もちろんそれを気に入っていただけるかどうかは

分からないけれど、

それを恐れて無難なご提案でまとめてしまうのではなく、

やってみてはどうかと思うことすべてをやってみる。

しかもしつこくなりすぎずに。

 

その加減というのは大変難しいものですが、

挑戦し、

(結果がどうあろうと)得た経験からしか、

得られないものがある。

 

その姿勢で昨日よりも今日、

今日よりも明日、

と積み重ねていくことを

「自然に楽しむ」。

 

大変刺激を受けました。

 

木曜深夜に再放送があります。

 

 

0 コメント

2014年

11月

01日

トータル・パースン(スタッフ)

先日、ある女性の方が、

「夢を持ちたいのに、
 自分の夢が何なのか、まったく見えてこない」
とお話されていました。

夢に向かってものすごい努力をする
若者もたくさんいます。
一方、豊かな時代に生まれ、
特別苦労をしなくても、
欲しいものは大体手に入るし、
それ以上のことになると、
自分には無理、と諦めてしまい、
追いかけたい「星」が見つからない、
という方も多いです。

そういうとき、SMIの
「トータルパースン」の概念が、
とても大事になってくると思うのです。

これ!という夢がなくても、
誰だって、もっと成長したい、
幸せになりたい、
という願いは持っているのですから、

まず、
人生の分野それぞれで、
見えている範囲で
こうなりたい、という姿をそれぞれ持ち、
それを徐々に具体化、そして広げていきます。

星は、それぞれの辺のバランスが
取れている方が、
いびつな形の星よりずっと
美しいですよね。

バランスの取れた星を、
少しずつ大きくしていく。
一時的に、一つの分野に集中することは
もちろんあります。
そんなときにでも、
「トータルパースン」を
意識しているだけで違います。

私の夢は、生涯かけて、
自分の星を
大きく光り輝かせることです。

で良いと思います!

そのために、この5年、
今年中に、
今月、
今週、
今日、
何を達成できたら
星が少し大きくなるのか、
考えていきましょう。

人生の分野は、SMIでは
・健康面
・精神面
・経済面
・家庭生活面
・社会生活面
・知識教養面
の6分野で、
ブレイン・アイのシートでは、これらに
・仕事面
・アミューズメント面(趣味、娯楽)の
2分野を加えています。

行動計画を楽しむ一番のコツは、

「自分の夢や目標を書く」
ということです。

当たり前!と思うでしょう?

でも案外、
本当は心からしたくはないけど、
誰かの期待に応えるための目標や、
こうあらねばならない、と思って立てる
目標を書いたりしています。

もちろん、
しなければならないこと、
というのはたくさんあります。

でも、行動計画シートには、
「自分の目標」
を、書いてくださいね。

ものすごく楽しくなります。

そして、
宝物になります。


0 コメント

2014年

10月

16日

ポジショニング(スタッフ)

今朝、たまたまよんだ記事

『「好き」から始まる戦略は強い』

"戦略論の中で
いまだに最もパンチがあるのは
マイケル・ポーターが提唱した
「ポジショニング」という概念"
として詳しく紹介されていました。

ポジショニングとは、
「顧客の頭の中に、
明確で価値ある製品イメージを
作り出す活動」で、
最も大事な2軸に絞って訴求すること、
というのです。

X軸とY軸を引くと、
4つの象限ができますよね。
そのどこか一つの象限に入ってしまうこと、
訴求したいことが、
軸をまたいではならない、
ということでした。

ミッション、
ビジョン、
バリュー(価値観)
の重要性は理解していても、
それをどのように表していくか、
優先順位は何か、
そしてどのように目標を設定していくのか、
その一つ一つ、
そう容易なことではありません。
しかもそれに「整合性」があるかどうか。

こういったことを
しっかり見ていけることが、
うちの社長の一番の強みです。

組織の中で、
まず、トップがグランドデザインを描き、
そこに矛盾がないか、
ストーリーとして
動画でイメージができるほどの
整合性があるか、
さらにそれらを
メンバーに浸透していくには...
こういった一つ一つが難題です。

大きな組織であれば、
お金をかけて
コンサルティング会社に入ってもらったり、
それなりの人に来てもらって
社内に経営戦略室など作ったり
できるでしょう。

でも、そういったことが、
数名~10名ほどの組織でも
リーズナブルな予算で
実現できたらどうでしょうか?
小粒でも、素晴らしい組織に
なっていくと思います。

そういったお手伝いを
ブレイン・アイでは
させていただきたいと思っています。

まずはホームページの
お気軽にご相談ください。
 
 
1 コメント

2014年

9月

23日

出会った瞬間から相手を魅了する人の共通点(スタッフ)

昨日教えていただきました。

とても参考になります。

『社会人必見!
 世界トップクラスの成功者が、
  初対面で必ず行う7つのコト』
 
 
0 コメント

2014年

8月

31日

ソーシャルメディアの現状(社長)

平成26年4月に総務省 情報通信政策研究所より出た

平成25年 情報通信メディアの利用時間と

 情報行動に関する調査

からのグラフです。

 

経営戦略を考えるにあたっては

参考にしたい資料です。

 

0 コメント

2014年

8月

28日

大分県ビジネスプラングランプリ(社長)

「大分県ビジネスプラングランプリ」応募のための、

新規事業計画策定のお手伝いをさせて頂きました。

受賞されることを祈ってます。

 

申請書の主な項目は以下のようなものでした。

 

1.事業の内容

2.事業の目的

3.新規性

4.成長性

5.マーケティング

6.実現性

7.社会性

8.資金の調達方法

9.事業経費の内容

10.利益計画

 

新規事業のみならず既存事業の経営計画の確認、充実にも

応用できるフレームでした。

 

紙に書き出して行く作業は

思考の結晶化や、

戦略策定の「正解が無い問題に最適解を導き出す」

というプロセスに

欠かせないと再認識しました。

 

 

0 コメント

2014年

8月

20日

「モティベーション」と「やる気」の違いについて(社長)

「モティベーション」と「やる気」の
違いについての
早稲田大学ビジネススクール、
竹内規彦准教授の連載です。

http://www.dhbr.net/articles/-/2745

始まったばかりですが、期待してます。